メタルを自由に楽しむならApple Music

いつでもキャンセルOK。無料体験後はわずか月額1,080円。

まずは90日間無料体験

【OSDMリバイバル】新世代オールドスクール・デスメタルおすすめの名盤7選

エクストリームメタル
スポンサーリンク

新世代オールドスクール・デスメタルとは

2010年代に入ると【新世代オールドスクール・デスメタル】と呼ばれる若手バンドが出現。

彼らは、

  • ENTOMBED
  • BOLT THROWER
  • DEATH
  • MORBID ANGEL

など、90年代前後を思わせる古典的デスメタルを鳴らし、「オールドスクール・デスメタル・リバイバル」の狼煙を上げました。

「高速」「テクニカル」「クリアなサウンドプロダクション」が主流の現代デスメタルに対して、新世代オールドスクール・デスメタルバンドは

  • ミドルテンポ主体
  • 荒々しい演奏
  • プリミティブなサウンドプロダクション

という、まさにデスメタル黎明期のバンドを彷彿とさせる「新しくも懐かしい」デスメタルサウンドを特徴としています。

スポンサーリンク

【OSDMリバイバル】新世代オールドスクールデスメタルおすすめの名盤7選

1. VENOM PRISON「Samsara」(2019)

UK産デスメタルバンドの2nd。

湿った旋律を織りまぜながら、アグレッシブでグラインディングなデスメタルを聴かせる。

女性ヴォーカリスト=ラリッサのおとこ顔負けの激烈グロウルも話題性充分。

おすすめ曲:3、6

>>Amazonで音源を探す

2. GATECREEPER「Sonoran Depravation」(2016)

USアリゾナ出身のデスメタルバンドによる1st。

BOLT THROWERを思わせる重戦車サウンドと北欧オールドスクールデスメタルをミックス。

デスメタルのハイテク化・複雑化に逆行するシンプルなリフが渋い。

おすすめ曲:1、3

>>Amazonで音源を探す

3. BLOOD INCANTATION「Hidden History Of The Human Race」(2019)

USコロラド出身のデスメタルバンドによる2nd。

宇宙やSFをテーマとしたコズミックデスメタルなるジャンルを開拓した注目株。

長尺曲が多いものの難解さはなく、神秘的なフレーズや楽曲展開でコズミック感を演出している。

おすすめ曲:1、2

>>Amazonで音源を探す

4. SKELETAL REMAINS「Devouring Mortality」(2018)

USカリフォルニアのデスメタルバンドによる3rd。

シャープな単音リフや噛みつくようなヴォーカルなどがDEATHを彷彿とさせる。

90年代風の派手なリードギターも逆に新鮮だ。

おすすめ曲:2、3

>>Amazonで音源を探す

5. NECROT「Blood Offerings」(2017)

USカリフォルニアのデスメタルトリオによる1st。

MORBID ANGELのような邪悪系リフとドロドロとした質感はまぎれもなく80年代〜90年代デスメタルの影響下にある。

浅草デスフェスト2019では、アルバムは本作1枚のみのリリースながらもヘッドライナーを務めたほどの実力者。

おすすめ曲:1、2

>>Amazonで音源を探す

6. HORRENDOUS「Anareta」(2015)

USペンシルバニア出身のデスメタルバンドの3rd。

メランコリックな旋律を装備したオールドスクールデスを軸に、プログレやオーセンティックなHR/HMの成分を増量。

ガビガビの陰湿なヴォーカルも含め、個性的なサウンドを聴かせる。

おすすめ曲:2、4

>>Amazonで音源を探す

7. DEATH BREATH「Stinking Up The Night」(2006)

ENTOMBED、THE HELLACOPTERSのニッケ・アンダーソンが結成したバンドの1st。

ほどよくルーズなオールドスクールデスメタルはオリジネーターならではの老獪さに溢れる。

デスメタルをプレイしているが、ロックンロール魂は隠しきれない。

おすすめ曲:1、2

>>Amazonで音源を探す

コメント